読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shi-teki

コミュニケーションについての考察

会話のキャッチボールを無意識で

なんでもない会話を続けたい

コミュニケーション力アップ課題の一つとして「雑談力」を鍛える、がある。コミュニケーションの基本と考えられる「なんでもない会話ができるようになる」が目標。自分のコミュニケーション能力を分析すると、この「なんでもない会話」が、すごく苦手だったりする。どうやってここを鍛えていくのか、改善していくのかをいろいろと考えてみたので、下記に整理してみる。(実践しないと意味が無いので、そのあたりもここにレポーティングしていきますね。

キャッチボールできるように

まず、コミュニケーションの基本として「キャッチボールすること」がある。これが本質。これが苦手なわけです。にわかに信じられないけど。なんで苦手なのか。それは、意識下で動きを行おうとすることが理由だと思う。例えると、右手でボールを握る時、この関節をこうやって動かして、投げる時に肘を上げて後ろに引いて、みたいに意識してしまっているのかな?ボールを投げる時に意識なんてしないわけで。これを無意識にできるよう繰り返し訓練するしかないわけ。

雑談とは、ルーティーンと反射神経でクリアできる。これを無意識でできるように。

無難なテーマ、例えば天気や季節、時事ネタなど。情報をストックすること。これらのネタを絡めたルーティーンをつくること。このルーティングによる相手のレスポンスに対して反射で対応できるようにする。このために繰り返し訓練するしかない。実践と反省の繰り返し。この経験のストックが貯まることで不安もなくなり、場に対する主導権を握れるように、もしくは握られてしまったと不利に感じることも無くなりそう。野球でいう素振りですな。

うーん、まずはスタバの店員さんに話しかけてみるかなあ。そんなところからスタートしようと思ってます。お恥ずかしい。。